マンガ・アニメのまち にいがた■


世界的にも有名な日本の「マンガ・アニメ」文化。赤塚不二夫や水島新司、高橋留美子などとてもここには列挙できないほど数多くの著名なマンガ家やアニメーターを輩出し、マンガ・アニメが根強く浸透している新潟市では、さらにマンガ都市としての魅力を高め、全国にアピールしようとマンガ・アニメを活用したまちづくり構想を策定し、「マンガ・アニメのまち にいがた」の実現に向かって活動を展開しています。

具体的には、新潟ゆかりのマンガ家・アニメーターを紹介したり、展示・閲覧、資料収集などを目的とした「マンガ・アニメ情報館」の整備、マンガの世界を体感できるスペース「マンガの家」の整備、「」「にいがたアニメ・マンガフェスティバル」等イベントの拡充などの取組みが始まっています。そのほかマンガに関する教育体制を整備し、人材の育成にも力を入れています。

また、市内には観光循環ラッピングバス「ドカベン号」「犬夜叉号」が走っていて、アニメ・マンガのまちを実感しながら新潟観光をすることもできるんですよ。